2021年05月

2021年05月26日

こむぎのフリートライアル冒険記・その3

033

PCのアップデートや普段からの負荷のおかげでゲーミング用PCに買い換えることに。
まだお見積りを出してもらって現在お取り寄せの状態ですが、もうすぐ快適なプレイ環境でエオルゼアにインできるようになるみたいです。
ずっとやりたかったタンク練習とか以前は未開放だったコンテンツとか。
やりたいことがいっぱいです。
タンクでオーラムヴェイルうまくできたら自信が増すと思うの。。。
そしてフリートライアルに関わる攻略記事もまとめたい!

今回は状況報告のみになりましたがこのへんで!


komugi_1224 at 16:27|PermalinkFF14 

2021年05月15日

感想の書き方覚え書き。。。

IMG_3861_02
感想の書き方メモ。φ(..)メモメモ
自分用メモですけどもしも誰かが読んでひとりでも役に立てたらいいなとか。

・必ず録画や動画、など何度も見れるものを利用して書く
(場面や台詞を見逃したり聞き逃したとき何度もチェックするため)
・映画館で見たときの感想の場合、その日のうちにメモをまとめる
・大雑把に好きなことを箇条書きで書く
・情報量が明らかに多すぎるのでブログなどに書くときは必要なことだけ書く
・考察なんかは箇条書きを書いたあとに考えて書く

感想を書くのはすごく楽しいです。
人様の感想を読むのも大好きです。
批判的な感想も中にはあるけど、そういった反対の意見から作品をもっと好きになれることもあったので大切にしたいです。
いろんな人がいていろんな感想があるので。

それでは今回はこのへんで!


komugi_1224 at 07:43|Permalink雑記 

2021年05月13日

こむぎのフリートライアル冒険記・その2

031

早朝からブログの記事に使えそうなSS撮るためにゴールドソーサーへ。
相変わらず低スペックマシンでフリートライアルのままです。

030

低スペックだからゴールドソーサーの景品交換とか厳しいかなとは思ったのですがくじとかそういったスペックを気にしなくてもできるコンテンツがあるので頑張れそうです!
切実にブタのきぐるみがほしい!

テレポ代も攻略手帳利用すればなんとかコツコツ貯まるので堅実に行きます。
それでは今回はこの辺で!


komugi_1224 at 06:16|PermalinkFF14 

2021年05月12日

こむぎのフリートライアル冒険記・その1

005
フリートライアルで復帰してみました。
フリトラでいったいどこまで楽しく遊べるのか?
しかしPCのスペックがガッタガタなのでギャザクラくらいしかまともにできない(笑)
モブの攻撃も満足に避けられないのでIDとか厳しい。
プレイ環境が整うまでしばらくユザイベやギャザクラを楽しむことにします(・∀・)

フリートライアルはリテとかマケとか不便な印象。
いろいろ制限付きではありがすがまあ割と普通に遊べたりします。
プレイ環境がしっかりしていればね!!??

今回はこのへんで!



komugi_1224 at 10:06|PermalinkFF14 

2021年05月01日

目明し編のラストのあのシーンについて考えてみた。

ひぐらし卒までまだまだ時間があるのでとにかく過去作を読んだり触れたりして新たに感想や考察を書いてみたり。
そんな私が個人的に好きなのは目明し編と賽殺し編だったりします。
目明し編は女性ファンが少しだけ多いんじゃないかなとか(偏見。。。)

目明し編のラストのあのシーン。
ただの「やり直して仲良くなった!!」、だけの場面ではないと私は考えています。
実はあの場面での詩音はぐーんと成長している。
沙都子の嫌いな食べ物を無理やり食べさせようとする場面。
実はこれはものすごい深いメッセージがあるのではと。
以前の詩音だったらもしかしたら「私が代わりに食べてあげますよ!」みたいにしていたんじゃないだろうか?
そうやって沙都子の成長も妨げてしまっていたのではないだろうか?
あの場面こそが詩音は誰かの代わりになるのをやめた瞬間だと思いました。
詩音は幼い頃、魅音の嫌なことやわがままを入れ替わって引き受けていました。
入れ替わって代わりに食べたことのない鯛を食べさせてあげたりね。
その反動が綿流し編と目明し編の結果だと思います。
目明し編のラストでは詩音は沙都子の成長を助けようとしていました。
そんな詩音は間違いなく素敵なねえねえでお姉さんです。

魅音は詩音のこと大好きだったり悟史が好きだったこととかはまたのちに記事にしていきたいなと。
最近魅音も以前よりずっと好きになってきた。
それでは、今回はここまで。


komugi_1224 at 19:04|Permalinkひぐらしのなく頃に